新米パパ奮闘日記

2児のパパの育児や仕事等、日々奮闘を徒然なるままに綴ります。

Doblog時代の記事を移行しました

約1年ぶりの記事がこれっていうのもなんですが・・

ここに移ってくる前にお世話になってたDoblogさんが今月いっぱいでサービス停止するということでバックアップもかねて記事の移行をしてみました。

2003年くらいからの記事が移行されてます。
ざっと見た感じ、ちょっと一部コメントが記事の中に入っちゃってたりしてますが、まぁ、とりあえずいいかなと。

写真ファイルもリンク切れてますが、今後暇を見つけてアップしていこうかなと思ってます。

また、新規にも記事をこれからまたポツポツ書いていこうと思いますので1年もほったらかしてあれでしたが、またどうぞ宜しくお願いします。。
(移行した昔の記事も良かったらご覧ください。一人目の子の出産から育児の初々しさがなかなか涙をそそります。。)

フェラーリ・ラジコンカーいまだ機動せず。。

実は1年半くらい前からデアゴスティーニで刊行されていた「フェラーリラジコンカー」を定期購読し、コツコツと作成を進めていました。

ついこないだ全工程が完了し、全パートの組み立てられてうまいこと出来ていれば走れる状態になっているはずでした。
(実はこの後にも刊行物は続き、チューンアップできる工程があったのですが、そこまでこだわる必要がなかったのと金銭的なものもあって購読を打ち切りました。)

とりあえず見た目は結構いい感じでしょ?
下の写真は走行用ボディなのでいろんなところに切れ目が入っていますが。。
(ディスプレイ用のボディも別にあったりします。ただ、それをつけるにはエンジンを取り外したりしなくちゃいけないのでめんどくさい。。。)



こちらはボディを取ったところ。
グロー燃料を使用してエンジン走行する結構本格的なRCカーです。



で、グロー燃料なんかもネットショップで購入してきたので、ためし運転をしてみようと思ってたんですが・・。エンジンの取り付けが間違ってたりなんだりで優ちゃんが幼稚園に行ってる間にやろうという魂胆は完全に打ち破られたり・・。(^^;;

午後もやってみたんですが、エンジンに点火するプラグの充電が不十分なのか着火できず。。(ただ、丸2日ほどずっと充電させてたんですけどねぇ。。なんで点火しないのかしらん。。)

というわけでオイラ作成のフェラーリRCカーはいまだ走行できず。

全くの初心者なのでなんともいろいろ試行錯誤しております・・。せっかく高い金はたいて購入し、貴重な時間を使って作成したものなのでしっかり走行させたいです。いろいろネットとかで調べつつ、エンジンとかプラグとかもよく見てみてまた週末に時間が出来ればエンジン初点火に挑戦したいと思います。

会社でお祝い金をいただきました

先月のことですが、会社からお祝い金1万円をいただきました。

品質体験談という募集ものに課長から声をかけられて出してみたところ、それが特別賞なるものを受賞したということで。

ある朝、いつもどおり出社すると部長から急に来いと声をかけられたのでびっくりしたのですが、何かと思って行ってみるとこの件でした。

以前携わった開発での出来事をつらつら書いたのですが、まさか自分が賞をいただけるとは思ってなかったのでこれも驚きでした。我が部署ではオイラと後輩の2人だけだったようです。

その後の部会で皆の前で発表しなくちゃいけなかったおまけもつきましたが、受賞したことも発表したことも含めてよい経験になりました。

賞を取れたのはつたない文章をしっかり添削してくださった課長のおかげでもあると思っています。ありがとうございました。

部会の時にはそっくりそのまま残っていた1万円でしたが、本日本を購入したのを最後にその役目を終えました。。

お小遣い制のオイラにとっては恵みの一万円でした。また業務で良い体験が出来たら、投稿してみようと思います。

ママ、誕生日おめでとう!

今日はママの誕生日。

ということだったのですが、非常に申し訳ないことにオイラ、15日になるまで日付感覚がなくてママの誕生日におめでとうを今年はいえませんでした。。

決して忘れてたわけじゃないです。今月は13日がママの誕生日だなぁ。というのは意識があって、ママにも前の週末に何かほしいものはあるの?とか聞いてたくらいですから。ママはワンピースと包丁が欲しいとのことでした。

なのに、重要な当日にまったく日付を意識していなくて15日の朝の通勤電車の中で急に「あれ?今日って何日だっけ?」と携帯の日付を確認して過ぎてしまったことに気づく始末。。

非常に申し訳ないことをしました。ごめんなさい。

誕生日と結婚記念日はとにかく重要な日なので、決して忘れることはないだろうと思っていただけに今回のことは自分もショックでした。別に仕事も多忙すぎるわけじゃなかったので余計に。。

ちゃんと誤って15日の会社帰りにはケーキを品川で買って帰りました。笑って許してくれたママの優しさに感謝です。申し訳ありませんでした。。。

週末にはママの誕生日プレゼントを買いに横浜、みなとみらいに繰り出す予定です。

いつも良き妻、良き母でいてくれてありがとう。感謝してます。
優ちゃんも幼稚園に入って、すみれもだいぶコミュニケーションが取れるようになってきたね。ちょっと母業も一段落するのがもうすぐだと思いますが、まだまだ大変な時期は続きますので体に気をつけて頑張りましょう。

今年一年、またママにとっても家族にとっても良い一年でありますように。

薔薇のない花屋#7

(注)以下の記事は大いにネタばれ満載です。
  まだ見てない方は本編を見てからご覧ください。


いやー、今日の話は泣けたねぇ。。

特に香取君扮する英治が娘の雫を叩いてしまって自己嫌悪に
陥って発する言葉は親として共感できる部分とある意味
しょーがない部分もあるんじゃね?って思う部分とが入り混じって
いろいろ考えさせられました。

その香取君のせりふはこんな感じでした。(正確じゃないです、トーゼン。)
以下、英治を(英)、マスターを(マ)と略します。

(英)「ボクは雫を叩いたんです。」
(マ)「おぅ・・菱田さんから聞いたよ。」
(英)「ボクは明らかに苛立ってました。愛とかそんなんじゃなく。。
   苛立ちに負けて雫に手を上げたんです。
   雫が生まれてから絶対に暴力だけは振るわないって決めてたのに。」
(マ)「しょーがねーんじゃねーか?
   親の愛からこそだろ?飴と鞭ってーかよ?」
(英)「そーじゃないんです。
   親は絶対に子供に手を上げちゃいけないんです。どんな理由があっても。
   それでいい子になるからって・・そんなわけないんです。
   それは怖いから。親が怖いから従っていい子になってるだけです。
   子供は馬鹿じゃありません。暴力を振るうんじゃなくて、一生懸命
   話すことです。一度でわからなくても何度でも何度でも言い聞かせること、
   その忍耐こそが親の愛なんです。

確かに。手を上げるだけじゃなにも解決しません。
それは大人になってからもそうだし、いつでもそう。
暴力は暴力を生むだけ。

そーはわかっていても、時には手を上げてしまうことってありますよね。
親としてはわかって欲しいという気持ちが先行して。
というよりは英治の言うとおり、苛立ちのほうが強いかもしれません。
やっぱりその後に自己嫌悪に陥るんですけどね。
なんで冷静に対処できなかったのかと。

上記のせりふを受けた寺島進扮するマスターがまたいい味だします。

(マ)「いーじゃねーか。親だって人間だよ。
    完璧な人間なんていねーんだよ。やっちまったもんはしょーがねー。
    謝ればいいんだよ、ちゃんとよ。駄目なところも見せるってのも
    親の愛情じゃねーのか?


うん、そー思います。人間らしさを子供に対しても堂々とさらけ出すべきなのでしょう。
親と子、大人と子供といった垣根をとっぱらえば、同じ人間なんですから。

さて物語りは架橋に入ってきました。
どーやら英治は雫の本当の父親ではないようです。
雫の本当の父親は誰なのか?その事実を知った美桜(竹内結子)はどう行動する?

来週も楽しみです。

 | HOME |  »

プロフィール

tomoshiho23

Author:tomoshiho23
普通のIT系リーマンであり、2児の父親である30代男です。趣味はバスケ(見るのもやるのも好き)、美味しいものを食べること、物づくり、ゲーム、家族揃っての外出です。最近は昔ちょっとかじったギターをまた弾きたくなってウズウズしてます・・。


Google動画検索

Loading...
Loading...
developed by PluginSQUARE

Yahooニュース


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

検索フォーム


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ